相続の第二順位の直系尊属と第三順位の兄弟姉妹の相続について

相続が発生して死亡した人に子どもがいない場合や配偶者・子ども共にいない場合は、第二順位の直系尊属が財産を引き継ぎます。

その場合直系尊属には父母や祖父母がいますが、全ての人が引き継ぐわけではなく死亡した人からみて親等の近い父母が相続人となり、祖父母は父母がいない時に限られます。
そしてこのような場合、配偶者と法律上養子縁組をして実子として扱われる養子を除いては血縁者同士でしか相続は発生しないので、義理の両親などは対象外です。


そして第三順位の兄弟姉妹の場合は死亡した人に子どもも両親・祖父母などの直系尊属もいない場合や配偶者・直系尊属ともにいない場合に財産を引き継ぐことが出来ます。

そしてこの兄弟姉妹の場合、被相続人が死亡した時すでに兄弟姉妹も死亡していた場合には、その子どもたちに代襲相続させることができます。

つまり甥や姪という立場の人たちです。

しかし直系では子どもが先に死亡していた場合、孫・ひ孫へと代襲相続されることと比べて、甥や姪の場合はそれ以降には引き継がれません。

また兄弟姉妹のなかには両親を同じくする兄弟だけではなく、片親だけが同じ兄弟姉妹も含まれますが、片親だけが同じ兄弟姉妹の場合は両親が同じ兄弟の2分の1の割合でしか引き継ぐことが出来ません。

さらに遺言などにより自分に本来あるべき相続分が無いとされた場合、最低限確保できる権利として遺留分というものがありますが、兄弟姉妹に関してはこの遺留分がありません。

http://www.toben.or.jp/
http://souzokushindan.com/
http://www.houterasu.or.jp/